知っておいて損はない不動産会社の選び方

賃貸の家賃

初期費用はなるべく抑えること

賃貸マンションと一言で言っても、タイプは様々です。多くの人は、賃貸マンションを借りるとき、なるべく家賃が安い物件を探します。しかし、目を向けるべきは家賃だけではありません。敷金や礼金にも目を向けましょう。 敷金や礼金の額は、家賃の数ヶ月分と設定されていることが多いです。かなりの負担と言えます。敷金は退去時に戻ってくるとされていますが、全額戻ってくることはほぼありません。余分に請求されることも多いです。 家賃が安い賃貸マンションも魅力ですが、敷金と礼金が必要ない物件を選ぶようにしましょう。かなりの額が浮くので、とても得になります。初期費用が少なければ、負担が軽くなるわけですから、生活もしやすいです。

都会の賃貸物件の家賃は高い

地方に住んでいる人は、就職や進学を機に都会へ引っ越すことが珍しくありません。都会の賃貸マンションの家賃相場がどれ位か気になると言う人は多いです。 東京の場合、23区内に建てられているマンションは家賃が高い傾向にあります。ワンルームや1Kのマンションの家賃相場は、7万円から12万円弱です。23区外になると、4万円から7万円が相場となっています。しかもこれらは、新築物件ではありません。ほとんどは築数年程度経っています。地方なら4万円も出せば、新築のワンルームマンションに住めることは珍しくありません。 都会の賃貸マンションを借りる場合は、家賃の負担が重過ぎないかをしっかり考えることが大事になってきます。